【ELSEIF】私がネットワーク系フリーエンジニアになった理由

将来性と収入。ネットワーク系フリーエンジニアになった理由を教えます。

【ELSEIF】私がネットワーク系フリーエンジニアになった理由

私がネットワーク系フリーエンジニアになった理由

これからの時代はネットワークが不可欠になるという思いからネットワークエンジニアの扉を開けました。ネットワーク系エンジニアの社会は少々特殊で、働いてみて初めてわかることも多くありました。思いがけない苦労もしましたが、今はフリーエンジニアとして自分のペースで仕事ができています。知れば知るほど奥が深いネットワーク技術の世界へ、踏み込んでみませんか?

未経験からネットワークエンジニアになって大変だったこと

未経験からネットワークエンジニアになって大変だったこと

企業によっては未経験でもネットワークエンジニアとして働くことが可能な場合もあります。しかしいざ働いてみると、未経験ならではの苦労も多くなります。独学で学んできたエンジニアにとって、現場での専門用語の羅列は始めのうちは理解できずに困るものです。頼れる先輩や同僚を見つけるのが一番なのですが、エンジニアという性格上、コミュニケーションを取るのにも苦労をすることが多くなります。更にはネット上で得た知識を上回るような神経を使う作業や、時間外労働といった苦労もあります。正常に稼働して当たり前のシステムだけに、安定した状態を維持することの苦労を経験することになります。

私がネットワーク系のフリーエンジニアになった理由

私がネットワーク系のフリーエンジニアになった理由

ネットワークエンジニアには、他のエンジニア職とは一線を画すたくさんの魅力があります。その一つが、収入面のメリットです。ネットワークエンジニアの平均年収は一般的なエンジニアよりも一回り高く、しかもスキルアップと共にどんどん収入を増やしていけるという特長があります。また、ネットワークエンジニアの高度な仕事内容は外部委託することが難しいため、一度採用に漕ぎ付けば長期間安定して働くことができるという将来性の強みもあります。ネットワークエンジニアは非常に働き甲斐があり、フリーエンジニアにとって現実的な魅力が満載です。

私が考えるネットワーク系フリーエンジニアのキャリアパス

私が考えるネットワーク系フリーエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアのキャリアパスで、最終目標をプロジェクトマネジャーに置く人も少なくありません。そのためには下流工程であるネットワーク監視や保守管理の業務を実際に経験する中で、ネットワークの知識とその周辺知識に加えて、問題解決を円滑に進めるための論理的思考を訓練しておく必要があります。その後にはネットワーク構築業務を担当し、いよいよクライアントの要望から設計や要件定義を行うプロジェクトマネジャーへとキャリアを進めてゆくのです。特にネットワーク構築に携わるようになれば、思うように勉強時間を取れなくなり勝ちですが、最適な働き方を選びながら目的意識を高く持ち続けることが大切です。

おすすめの記事

Copyright © 2015 【ELSEIF】私がネットワーク系フリーエンジニアになった理由 All Rights Reserved.